フィリピン留学

【バギオの有名スパルタ校】ヘタレはPINESへ行ってはいけません!

更新日:

パインスが向いている人と向いていない人とは?!

ちょうど10年前の今日、私はPines International Academyを卒業しました。

ここでの学校生活を誰にも語ることなく(特に聞かれなかったので)本日まで心の奥に秘めていましたが、10年経ったので解禁します。久しぶりにWEBページを見たら施設も改装され環境も大幅に向上していますね♪

エージェントの学校紹介ページ(http://pinesia.com/pia05
Pines International Academyの公式サイト (http://pinesacademy.com/ja/)

冗談抜きでめっちゃ辛かった。心も体もボロボロの中、キャパを超えるほどの詰込み学習。私には合わないと思う日もありましたが、素晴らしい環境であったことも事実です。そのため、あなたが学校選びで失敗しないように、包み隠さず書いていこうと思います。

辛かった理由① バギオの地が合わなかった

高山病にかかっていたのか貧血状態になってしまった

バギオは、ルソン島北部にある、標高1500メートルの高山地帯です。(写真はイメージです)

標高1500メートル地帯です。

もちろん私も知っていました。「へぇ~」って流していました。そもそも高山病を知らなかったんです。他人事ではなく自分がなるかもしれないことを念頭に検討してください。もちろん到着してすぐに体調が悪くなったわけではなく、徐々に調子が悪くなっていったのでスパルタと気圧のダブルパンチだったのだと思います。

パインスが辛い理由というよりは、バギオが合わない理由となりますが、体調が悪いと勉強も入ってきません。貧血の症状もでていたため、パインスの医務室で鉄剤を推奨されたので飲んで過ごしていました。

バギオにはBECIなど他にもよい学校が多いため、検討する方も多くいらっしゃるかと思います。ただし、女性は特に不安な方は注意をしてくださいね!

雨季は最悪! 服にカビが生えることも

私がバギオに住んでいたのは6月から8月です。6月までは雨季とは言えまだ気候も良く、晴れの日は快適に過ごすことが出来ました。涼しいために虫も多くないですし、空気も良く気持ちが良かったのです。

が、しかし!! 7月から雨季に特に8月は最悪で、毎日のように雨が続きます。依頼している洗濯物(学校に依頼をすれば洗濯してくれます)は乾かないためか若干臭いし、生乾きだったり。それはまだ良いのですが、クローゼットに入れていた長袖のパーカーにカビが。涙

辛かった理由② 平日に自由がなかった

パインスを選ぶ方は、母国語禁止令や平日外出禁止令、一日10時間英語学習プログラムに惹かれると思います。現在はスパルタタイプを選べるようですが、当時は外出が1時間しか認められておらず、旧キャンパス(クイサン校)に併設されているショッピングモール内しか出かけることが出来ませんでした。出入口には、警備員さんが生徒に向けて目を光らせており、怖かった・・・

もちろん自分が望んで選んだ環境なのですが、1日10時間拘束で各授業で宿題もでます。宿題対応と、なぜか毎晩の行われる単語テスト。勤勉な韓国人は当然のように満点で教室からいなくなり、私はいつも居残り。ダメ学生でした。

Schoolwithのサイトからから引用した、現在のスパルタ教育について

【スパルタタイプ】平日:昼 / 夜に1時間ずつ外出可能。授業後の外出不可能

【セミスパルタタイプ】平日に2回18::00~22:00まで外出可能

【土曜日(共通)】門限無 【日曜日(共通)】21:00

辛かった理由③ 韓国人の学習ペースについていけなかった

自分がヘタレであることは認めています。それでも教育システムや文化、国民性の違いを感じたのは、10時間程度の勉強を何とも思っていない人が多いからです。 (当時は現在のように詳細のコースがなく、初級、中級、上級といったレベル別の総合カリキュラムでした)

もちろん休憩はありますが、朝の8時から夜の7時10分まで授業があり、その後8時すぎから単語テストがありましたが、吐きそうでした。ただでさえ、英語が苦手な私は、単語を覚えるのも一苦労。

パインスは韓国人オーナーなこともあり、韓国人のスタイルに合わせています。通常授業だけでもスパルタですが、希望者には更なるスパルタプログラムがあります。KIPILSUNG(キッピルソン)は通常授業終了後から夜の11時半まで行われておりました。韓国人ルームメイトはこちらに参加をしていましたが、普通に元気そうでした。

韓国だと当たり前だよ~。そんな言葉を聞いて、私白目。

余談ですが、韓国人は受験が始まる中学生くらいから毎日お弁当を3つ持参して、23時まで塾で学習しているような方ばかり。特に留学先で出会う韓国人はほぼ大学生なので、厳しい競争社会に生きています。

まとめてみますと・・・

体力に自信がない方と、ある程度自由に学習したい方は絶対にやめてください。

ガチガチに固まったカリキュラムで、こなすだけでも一苦労。私は社会人になってから留学をしたのでTOEICのスコアで結果を出す必要がありましたが、TOEICの勉強をする時間がありませんでした。(現在はコースになっているので可能です)

とはいってもメリットもたくさんありましたので次の記事で紹介します。

望んだ環境なのに、なぜ脱落したかというと、PINESはフィリピン留学で通った学校のうち2校目だったからです。(私はフィリピン内で移動しています)語学学校をはじごしたことによって、抜けきれない先入観と、1校目で鍛えられた英会話が少しできたために、自分のレベル以上のクラスに入ってしまいました。そのためスピーキング以外のスキルが全くついていけなかったことも原因です。

こちらのフィリピン留学シリーズ記事、まだまだたくさん更新予定です。思い出しながら、調査しながら記事を書いていきますのでまた当ブログを覗いてみて下さいね。


-フィリピン留学

Copyright© 女性も経済的自由を手に入れよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.