フィリピン留学

フィリピン留学では得られにくい英語力について【デメリット】

更新日:

フィリピン留学でカバーできない英語力とは?

フィリピン留学について一連の記事を書いていますが、今回はフィリピンだけでは難しい、留学後に補う必要がある点について書ていきたいと思います。記事を書いてる私自身の英語スキルはTOEIC600点台と冴えないので、全面的に信用しないでください。

しかしながら帰国後に念願の語学を使用する仕事に携わることができ、英語圏への留学を経験しているTOEIC高スコアの同僚を接していてそこで明確に感じた実体験を書いていきます。

ヒアリング能力が劣ってしまう点

恐らく理由としては、発音が異なることとスピードの違いかなと感じます。語学は、自分が聞き取ることができない文を話すことが出来ない、そのためリーディングを繰り返せという説もありますが、これに該当します。

もちろん一定までは伸びますし、フィリピン人と韓国人が話す英語を聞き取る能力は向上します。

フィリピンは英語教育が盛んではありますが、ネイティブの英語と異なります。もちろん上手な先生はたくさんいますが、ヒアリング力を向上させるために、留学期間中に何か1つお気に入りのリスニング教材を持参したほうが良いでしょう。

不完全な言い回しでも通じてしまう

フィリピンに限らず、母国語を英語としない者同士で会話をするとわからない部分は察してくれます。つまりニュアンスで通じるのであえて正しく言いなおさなくても何とかなってしまいます。

これと同様の現象が、日本国内の英会話教室でもありがちなのですが、日本人が不得意としている部分を理解している外国人は察してくれてしまうのです。そうすると、本来通じない部分が分からなくなってしまいます。

また、母国語でないと、不完全文でも気持ち悪くないので、例えば主語が抜けていたり、動詞の使い方が違ったり基本的な間違いのままお互い話していることがあります。文法に詳しい方が「先生の英語間違ってる」と言っていたこともあるので、気づいてしまうと気持ち悪いかもしれません。 ※私は全くわかりませんでした。

疑問文を使わない癖がついてしまう

フィリピン留学のデメリットというより、アジア英語の特徴なのですが、疑問文を使用せずに肯定文のまま語尾を上げる↑↑

日本語でも、肯定文のまま語尾を上げると質問になりますよね。これと同様です。もちろん例外なく私もそうですが、本当に多いのです。ネイティブから直されますので意識してみて下さいね。もし使いたいのであれば、間接疑問文なら多く使用されていますのでお勧めです。isn't it? did you? など。肯定文で話したいのであれば間接疑問文連発してみるのもありですね。

まとめてみると

上記のデメリットを挙げてみましたがいかがでしょうか? あなたの留学の目的によっては全く影響を受けないものかもしれませんが、これから留学する方は上記を意識しながら学習に取り組んでみて下さい。

現地で出会った韓国人の多くは、フィリピン留学の目的が「スピーキング能力の向上」だったため、既にTOEICの高スコア保有者の彼らはヒアリング能力が高く、あまり影響がなかったようですが、私のように全くわからない人にとってはデメリットと感じました。

語尾上げや、疑問文は帰国後、ほぼネイティブの能力を持つ友人から聞いたリアルなお話です。是非デメリットを克服して役に立つ英語力を身につけてくださいね! もちろん私も頑張っていきます! 目指せ!!900点!!! (厳)



-フィリピン留学

Copyright© 女性も経済的自由を手に入れよう , 2018 All Rights Reserved.