退職

【辞める?辞めない?】会社を3回辞めた私の退職の基準とは

更新日:

会社を辞めたい・・・と感じたら読んで欲しいこと

会社を辞めると決断する前に、きっと誰もが辞めたい原因があり、それについて悩んでいるかと思います。ここでは退職して解決できること、できないことを周りの状況、自身の経験から冷静に書いていきたいと思います。

残念ながら「会社」と検索すると関連キーワードに「辞めたい」と出てきてしまうほど同じ悩みを抱えた方が多い現代社会です。私自身も正社員を3度辞めています。

会社を辞めたい理由は何でしょうか。

まず、この記事。【仕事辞めたい】会社を辞めるべき・続けるべき判断ポイント、上手な辞め方とは?(外部リンク

1.給料が少ない
2.人間関係が悪い
3.仕事内容が単調・自分にあっていない
4.労働時間が長く、残業が多い
5.社風・会社の方向性が不安定
6.評価制度が曖昧
7.働きたくない

1.給料が少ない

すごく厳しい言い方をすると、現在の給与=あなたの実力です。しかし例外があります。もしあなたが転職してお給料をUPさせることが出来たなら、あなたの実力は高かったということ。そのため、お給料が少ないと感じたら、まず転職エージェントへ相談してみましょう。キャリアを洗い出し、職務経歴書を作成する。そしてそれに基づいた求人を紹介してもらいましょう。紹介が少ない、よい求人が少ない場合、残念ながらあまりよい転職ができないです。なぜなら求められる実力に達していない、または求められている経験がないということです。
しかし、私自身が1社目から2社目へ転職する際、ほとんどの不満を解消できた経緯があります。若い方の場合はチャンスがありますし、若くなくても景気や時期などタイミングも重要ですので、一概に諦めないで下さいね。

Mioのオフレコアドバイス
大企業にいましたが、どこも会社自体が高齢化しており、昔の高い給与テーブルの層を守るため、若手は彼らを支えなければなりません。つまり倍働いても給与があまり増えない構造です。大きくアップしない場合は現在の会社で副業を始めるなど、自分でお金を稼ぐ方法を見つけるほうが簡単で近道です。

2.人間関係が悪い

人間関係が悪い場合、これは精神的にも負担なので早めに対策を取らないとうつ病になってしまう場合があります。本当に慎重に対応してください。しかしこの場合、小さな会社の場合は転職をお勧めしますが、どの企業も人間関係の問題があることを忘れないでください。

ある程度大きな会社にお勤めの場合、勇気を出して異動を申し出てみましょう。異動したいと申し出ただけで解雇になることはないですし、人材を大切にしている会社の場合はすんなりと応じてくれます。特に大企業の場合は異動をすると他社へ転職をした!というほど環境が変わりますのでこちらに期待をしてもよいかと思います。

3.仕事内容が単調・自分にあっていない

これは、4の理由を持つ方からは「そんなことで!」と思われがちなのですが、本当に辛いのです。私も経験があります。明らかに能力を持て余している、もしくは苦手な業務である場合、苦痛です。この場合も2と同様、異動を申し出ても良いのですが、この理由の場合は残念ながら叶う可能性が低いので他社へ転職しましょう。

Mioのオフレコアドバイス
1社目、私は希望と畑違いの部署へ配属となりました。その仕事に将来性を感じなかったし社内異動を目標に頑張ったところで実績の少なさや、公募するにも応募条件が満たせないために叶う可能性が低いと判断したため願って入社した会社にも関わらず2年で退職してしまいました。
会社は極力コストをかけたくないですし、特に大企業は保守的なのでどちらかというと人間関係の理由で悩んでいる人を優先して異動させるでしょう。ただしあなたがエース級である場合を除きます。

4.労働時間が長く、残業が多い

これはそのまま頑張っていると、体力面だけではなく精神面にも影響が出てくるために転職を決断しても良いでしょう。ただし、労働時間が長くなりがちな業種は間違いなくあります。IT関連、飲食店関連、物流関連、海外対応(時差)もちろんどの業界でもありえますが、同業で転職をしても大幅に改善することは難しい場合があります。仕事を変える選択肢も視野にいれるとよいかもしれません。

5.社風・会社の方向性が不安定

労働者ももちろん、企業も時代の流れに沿って変化をし続けなければ継続できません。斜陽産業に所属している場合、方向転換がなければそのまま給与カットとリストラ、倒産となります。しかし大きく方向転換をして成功をした企業も多くありますのでその見定めをしっかり行ってください。
社風が合わない場合は、思い切って転職することで解決できるかもしれません。

Mioのオフレコアドバイス
財閥系、独立系に在籍しましたが、財閥系は振れ幅の少ない均一的な人材を採用する傾向があります。あなたがそれに合わない場合、非常に居心地が悪いので転職しましょう。独立系の場合、人材の振れ幅が大きい分、両極端。つまり案外居心地が良かったりします。

6.評価制度が曖昧

営業職のように明確な数字があればわかりやすいのですが、営業でも「売れるものを扱う人」「売れにくいものを扱う人」が同じ基準で判断されては不公平ですよね。また上司の気分で決めたり、残業時間だけで判断したり、時短社員は低評価だったり。どの企業も曖昧だったりしますが、正直これはどの会社へ行っても同じです。
あなたの価値観を変えてしまう、会社へ期待せずに自分の能力を高めてしまうほうが良いです。評価をしているのは同じ労働者であり雇われた人間です。あなたがオーナーになってしまいましょう。 (←なんか違う?)

7.働きたくない

こういう人多いですよね。働かなくても生活が出来るようにベーシックインカム制度が導入されたら良いのですけど。しかし今はないので、個人的には「働かなくて生きていく方法を考えて行動する」ことが一番です。人間、楽になれる方法を考えると自然と業務効率が上がり、早く退社できるようになり自分の時間を作ることができます。そこから趣味を見つけながら働く目的を見つけても良いでしょう。

逆に仕事が大好きな人もいます。堀江貴文さんは「ゼロ」で仕事が大好きと公言していますので好きな人に働いてもらいましょう。しかし、深刻なのは「働きたくない人が所属しているために、能力が高い人の給与が上がらない構造」のようなのです。人件費に限りがありますが、生産性が低い人が所属していると、その人にも同等の給与を支払わなければいけません。そして、差がつかないと感じた能力の高い人は転職してしまいます。
働きたくない人が働かなくていい制度を作り、働きたい人にどんどん給与が還元されれば景気が良くなる、これは堀江さんも言っている通りだと思います。お互いが幸せになりますよね。

まとめ

あなたの悩みは上記にありましたか?現職で解決出来ること、出来ないことを自分の言葉でリスト化して第三者に相談してみることで頭の中を整理することもできますし、自分のキャリアの棚卸ができますのでお勧めです。一番お勧めしないのは「長期間悩んでしまうこと」です。その期間に手が止まってしまうならもったいないです。発想の転換が大切です。

理由は違えど正社員を3回退職して、現在フリーになった私ができるアドバイスとしては、

会社員としての仕事を長く続けたいなら「嫌なこと」や「自分が極力やりたくないこと」を避けて仕事を選んでください。消去法がポイントです。そして会社に過度に期待をしないこと。嫌なことを避けるのは、ストレス要因を減らすことにもつながりますし、「あの頃よりマシだからもうちょっと頑張ろう」とそう思えて頑張っていけるものです。

「好きなこと」や「やりたいこと」等の願望で仕事を選ぶとそれが出来なかった時に強いストレスを感じ、また辞めたくなる、その繰り返しなのです。

転職先で叶えたいことと、現職で叶えられないことが明確であれば勢いでもOKです。転職してしまいましょう!


-退職

Copyright© 女性も経済的自由を手に入れよう , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.